あなたの周りには金の山があります

都市に眠る金鉱山

コスト面であまり進んでいない、電子端末レアメタルの金買取

金買取りを行っているところの中には、金にかぎらず様々な金属を買い取りしてくれているところもあります。ただ、いまどきの王道としては、だいたい金買取店では金・銀・プラチナ程度しか買取をしておらず、それ以外のレアメタルは持ち込まれないようです。 このレアメタルとは、いわゆる非常に価値の高い金属として、とても注目されています。これはリチウムやベリリウム、ゲルマニウムというような非常に産出量が少ないか、あるいは精製に非常に手間がかかるため製造量が少ないものが多くなっています。

このような金属が価値が高いとされる理由は、電子機器があるからです。この電子機器の中にはたくさんの種類のレアメタルが使用されており、電子機器ならばパソコンでもスマートフォンでもテレビでも冷蔵庫でも使われています。そして、電子機器は非常にたくさんあるため、最近はこのような工業製品や機器、あるいはその中に眠っている貴金属を鉱山になぞらえて『都市鉱山』と呼ぶこともあります。

このため、たくさんの貴金属が眠っているレアメタル市場ですが、実際にはそこまでたくさんの金属が採掘されることはあまり多くありません。

この理由のひとつが、電子機器のリサイクルが必要になるということでしょう。この場合は特に手間やコスト面での負担が大きいため、レアメタルが眠っているとわかっていても、実際にはそこまでたくさんのリサイクルが出来るわけではありません。最近のスマホでは中古スマホ市場などもあり、すぐにスマホを買い替えて古いスマホは処分する、ということばかりもしていないのです。また、とにかく欲しい人と提供してくれる人の間のバランスも未だに進んでいないため、非常に都市鉱山の発掘は進んでいないのが現状です。

また、最近は電子機器を思い出としてもっておきたいという需要もあるようで、一概にこのサービスでの回収も進んでいません。と言うよりは、むしろ中古市場での販売はそれなりに知名度はありますが、この場合はまだ使える端末が高くなる、という見方もあるようです。

ただ、最近はこのような端末を金買取店でも買い取りを始めるお店がちらほら出てきているようです。まだあまり進んでいないため、コスト面などで利益を出すのは難しいようですが、少なくとも日本には電子機器がたくさんあるため、金買取り業者などでも今後リサイクルや買取ルートがしっかり出来て利益が出てくれば、金買取りサービスの一環として始めることもするかもしれません。

Copyright(C)2015 あなたの周りには金の山があります All Rights Reserved.