あなたの周りには金の山があります

都市に眠る金鉱山

金買取豆知識~都市に金銀が眠る!?~

私たちが使用しなくなり、処分を考えているもののかなには、お宝が含まれているかも知れません。例えば、故障して使えなくなった家電や、古くなった携帯電話やパソコンなどには、金・銀・プラチナなどのレアメタルが使われており、それらが眠っているのです。このことから、金買取業界からは日本は世界有数の宝の山であるといわれます。

レアメタルがなぜ重要なのかというと、多彩な用途に使用できることがあげられます。金は加工が非常に楽なため、精密機械の部品として多く利用されています。その主なものがスマートフォンやパソコンの基盤です。また、最近多く見られるようになった充電式の乾電池にも、リチウムやコバルトといったレアメタルが使用されています。

これらレアメタルを含んだ精密機器は、都市部に集中することが多く、これら希少価値の高いレアメタルが都市に集中することでもあり、レアメタルを発掘する鉱山を都市部に例えて、「都市鉱山」とも呼ばれています。 日本は小さな国でありながら、都市鉱山が保有するレアメタルの量は、金においては6,800トンと世界第8位で、これは全世界の埋蔵量の約16%を占めています。この数字が金買取業界で都市鉱山といわれる所以でもあります。

これらのレアメタルは大自然が生み出した限りある貴重な資源であり、原産地で湯水のように湧き出てくるものでもなく、また都市鉱山であっても、それをどんどん生み出すことは出来ません。それどころか枯渇してしまう可能性の方が高いのです。それを防ぐには、レアメタルのリサイクルをすることが必要であり、金買取業界で今一番注目されていることでもあります。

とは言うものの、レアメタルを再生することは容易なことではなく、高度な技術を要します。そのため、再生にはかなり高額なコストがかかってしまうため、レアメタルのリサイクルに注目が上がっても、進行していないのが現在の状況です。しかし、私達の子供や孫たちとこれらの資源を残し続けるべく、あらゆる企業が日々研究や開発にと努力を重ねています。

金買取業界でも、ブランド物の時計やバッグなどの他に、レアメタルの買取を行っています。貴重な資源であるため、少量でも買取を行ってくれる業者も多数あります。例えば、家に眠っている装飾品の中で、片方しかないイヤリングやピアスであったり、レアメタルを含んだワイヤーなどの工業製品でも買取を行ってくれる金買取業者もあります。こうしたことから、皆が関心を持つことで、さらに貴重な資源は増えていくと考えられます。

Copyright(C)2015 あなたの周りには金の山があります All Rights Reserved.